民泊 鳥取 旅館業

旅館業記事一覧

旅館業とは

旅館業とは旅館業法では、旅館業とは、「宿泊料を受けて人を宿泊させる営業」と定義されています。「宿泊」とは「寝具を使用して施設を利用すること」です。「宿泊料」とは、実質的に寝具や部屋の使用料とみなされる「休憩料」「寝具賃貸料」「寝具等のクリーニング代」「光熱水費」「室内清掃費」も宿泊料に含まれます。旅...

≫続きを読む

旅館業と民泊サービス

旅館業は以下のように分類されます。ここでおわかりのように、旅館業においては、「民泊サービス」という営業種別はありませんので、下記の3つの種別のいずれかによって許可を取得する必要があります。ただし、民泊サービスを行う場合には、簡易宿所営業で許可を受けるのが一般的です。簡易宿所営業宿泊する場所を多数人で...

≫続きを読む

簡易宿所営業の許可

「簡易宿所営業」という民泊サービス旅館業法に基づく旅館業には、「簡易宿所営業」、「旅館営業」、「ホテル営業」の3つの種別があります。いずれの種別でも民泊サービスの営業許可を得ることは制度上可能です。しかし、ホテル営業と旅館営業には、次のような規制があります。客室数の規制(ホテルは10室以上、旅館は5...

≫続きを読む

許可までの流れ

旅館業法に基づく許可を受けるためには、民泊サービスを行う予定の施設(住宅)の所在する都道府県(保健所を設置する市、特別区を含む。)の担当課や保険所に申請をする必要があります。申請する自治体や施設の状況等によりますが、一般的な許可取得までの流れは以下のとおりです。@事前相談⇒A許可申請⇒B施設検査⇒C...

≫続きを読む