民泊 鳥取 旅館業

旅館業許可までの流れ

旅館業法に基づく許可を受けるためには、民泊サービスを行う予定の施設(住宅)の所在する都道府県(保健所を設置する市、特別区を含む。)の担当課や保険所に申請をする必要があります。

 

申請する自治体や施設の状況等によりますが、一般的な許可取得までの流れは以下のとおりです。

 

@事前相談⇒A許可申請⇒B施設検査⇒C許可⇒D営業開始

 

@事前相談

申請をする前に、都道府県等の旅館業法担当窓口に相談します。これは、申請前に事前相談を求めている自治体が多いためです。

 

相談にあたっては、次の事項について確認されることがありますので、関係書類を準備して行きましょう。

  • 施設の所在地
  • 施設の図面
  • 建築基準法への適合状況
  • 消防法への適合状況
  • マンション管理規約(民泊が禁止されていないかどうか)

 

なお、事前相談の前に当事務所にご相談いただいても結構です。当事務所があなたに代わって事前相談にまいります。

 

A許可申請

許可申請にあたっては、原則として以下の書類の提出と手数料が必要となります。

  • 許可申請書
  • 営業施設の図面
  • その他自治体が条例等で定める書類

 

鳥取県の申請はコチラ

 

要件を満たさないと許可を得られません。当事務所が申請の代行一切を行いますので安心してお任せください。

 

B施設検査
申請後、施設が構造設備基準に適合していることを確認するため、担当者による立入検査が行われます。
構造設備基準を満たしていることが確認されるまでは、許可を取得することはできません。

 

旅館業法施行令で定めた構造設備基準に以外にも、自治体ごとに条例で構造設備基準が定められています。

 

鳥取県の条例はコチラ

 

簡易宿所営業は「宿泊する場所を多数人で共用する構造及び設備を主とする施設」とされており、1名しか宿泊できない客室のみの施設は該当しません。

 

C許可、営業開始

許可を得れば営業を始めることができます。
申請から許可までの標準的な期間は、数週間程度です。鳥取県の場合は10日間です。

 

鳥取県の申請及び相談窓口

東部生活環境事務所環境・循環推進課
中部総合事務所生活環境局環境・循環推進課
西部総合事務所生活環境局環境・循環推進課

 

 

 

関連ページ

旅館業とは
鳥取で民泊を始める方に、旅館業の許可申請や民泊の届出などの代行を通じて支援を行う行政書士のサイトです。
旅館業と民泊サービス
鳥取で民泊を始める方に、旅館業の許可申請や民泊の届出などの代行を通じて支援を行う行政書士のサイトです。
簡易宿所営業の許可
鳥取で民泊を始める方に、旅館業の許可申請や民泊の届出などの代行を通じて支援を行う行政書士のサイトです。