民泊 鳥取 旅館業

簡易宿所営業の許可

「簡易宿所営業」という民泊サービス

旅館業法に基づく旅館業には、「簡易宿所営業」、「旅館営業」、「ホテル営業」の3つの種別があります。

 

いずれの種別でも民泊サービスの営業許可を得ることは制度上可能です。

 

しかし、ホテル営業と旅館営業には、次のような規制があります。

  • 客室数の規制(ホテルは10室以上、旅館は5室以上)がある。
  • 玄関帳場(フロント)の設置が義務付けられている。

 

そのため、住宅を利用して民泊サービスを行うには、これら客室数の制限や玄関帳場(フロント)の設置義務がない「簡易宿所営業」で許可を取るのが一般的です。

 

そして、簡易宿所営業の構造設備基準を満たす必要があります。

 

自治体によっては条例でフロントの設置を義務づけている場合がありますので、各都道府県等の旅館業法担当窓口に確認する必要があります。

 

簡易宿所営業の構造設備基準

簡易宿所営業の許可を取得するには、使用する施設の構造設備が次の基準を満たす必要があります。(旅館業法施行令第1条3項))

 

1.客室の延床面積は、33平方メートル(宿泊者の数を10人未満とする場合には、3.3平方メートルに当該宿泊者の数を乗じて得た面積)以上であること。

 

2.階層式寝台を有する場合には、上段と下段の間隔は、おおむね1メートル以上であること。

 

3.適当な換気、採光、照明、防湿及び排水の設備を有すること。

 

4.当該施設に近接して公衆浴場がある等入浴に支障をきたさないと認められる場合を除き、宿泊者の需要を満たすことができる規模の入浴設備を有すること。

 

5.宿泊者の需要を満たすことができる適当な規模の洗面設備を有すること。

 

6.適当な数の便所を有すること。

 

7.その他都道府県が条例で定める構造設備の基準に適合すること。

 

 

関連ページ

旅館業とは
鳥取で民泊を始める方に、旅館業の許可申請や民泊の届出などの代行を通じて支援を行う行政書士のサイトです。
旅館業と民泊サービス
鳥取で民泊を始める方に、旅館業の許可申請や民泊の届出などの代行を通じて支援を行う行政書士のサイトです。
許可までの流れ
鳥取で民泊を始める方に、旅館業の許可申請や民泊の届出などの代行を通じて支援を行う行政書士のサイトです。