民泊 鳥取 旅館業

営業を開始後に必要なこと

衛生管理を行う義務

営業にあたっては、寝具の交換や浴室の清掃などの衛生管理を適切に行うことが義務付けられています。

 

衛生管理に関する具体的な基準は各自治体の条例により定められています。

 

鳥取県の条例

 

業務上の義務

営業者には宿泊者の氏名、住所等を記載した宿泊者名簿を備えることが義務付けられています。

 

また、宿泊者が日本に住所を有しない外国人の場合は、パスポートのコピーの保存が必要です。